HACCPへの取り組み

当園では、農業HACCP認証農場(2017年8月21日認定)として以下の事に取り組んでおります。

「農場HACCP認証農場」とは、農林水産省が公表した「畜産現場における飼養衛生管理向上の基準 (農場HACCP認証基準)」に適合した農場に認証されるものです。



【衛生管理方針】
当園では、お客様の信頼を得る事の出来る養鶏場を目指すため、以下の衛生管理方針を定めています。

  1. 「奈良養鶏園」は、昭和18年創業。地元船橋で愛されて70余年、「こだわりのたまご」をこれからも作り続けます。
  2. 「奈良たまご」は、「安全・安心」にこだわり続けた「新鮮で安全、美味しいたまご」です。
  3. 奈良養鶏園の産卵鶏には、高品質で薬剤無添加の自家配合飼料を給与し、さらに定期的にサルモネラ(食中毒を起こす細菌)検査、鳥インフルエンザ検査等をして安心・安全な玉子をご提供できるように生産しています。
  4. 奈良養鶏園は、「こだわりのたまご」の生産から販売に至るすべての工程でHACCPシステムを導入し、継続的な衛生管理の改善をしています。
  5. 奈良養鶏園は、「安全・安心をモットーに、生で美味しいこだわりたまご」を生産し続けるために、従業員全員で努力を惜しまず、お客様に毎日安心をお届けします。


【衛生管理目標】
当園では、お客様の信頼を得る事の出来る養鶏場を目指すため、以下の衛生管理目標を定めています。

  1. 生産環境の整備を前年度に引き続き図る。
  2. 従業員の衛生規範の遵守を徹底する。
  3. サルモネラ検出フリーを継続できる様にその浸潤防御を徹底する。
  4. 近隣、国内外の疾病並びに生産性向上に関する情報を積極的に収集して、衛生対策と生産性向上を図る。